ホルモンバランスの乱れ

よくホルモンバランスという言葉を最近は耳にすること多くなっていまね。

焼肉屋さんのホルモンもホルモンですが、今回あげさせてもらうホルモンは人の体を調節するものについてお話させていただきます。

ホルモンは

からだのさまざまなはたらきを調節する化学物質です。

からだの外側・内側で環境(かんきょう)の変化が起きても、からだのはたらきを常に同じになるように保つはたらきをしています。

このホルモンバランスが乱れるとどのような症状が起きるかといいますと

例えば

男性ホルモン、女性ホルモンというのがあります、これは男性に多いホルモンで男性らしい体つき

 

たとえばさきほどもいったように、最近は男性なのに女性ホルモンが多かったり、女性なのに男性ホルモンが多かったりする人が増えてきています。

しかし、本来なら男性は男性ホルモン、女性は女性ホルモンが多いのが正常なホルモンバランスであり、それが逆になっているということは、女性の特徴が男性に、男性の特徴が女性に表れてしまうことになるのです。

具体的には、男性なのに筋肉がつきづらかったり骨格が女性のようになったり、ひどい場合は胸が膨らんでくるという男性も現実にはいます。

女性の方は男性のように体毛が濃くなったり体が筋肉質になったりなど、男性の体つきの特徴が表れることが多くなります。

 

では、精子と卵子で考えてみてください

 

男性なのに、女性ホルモンが多くなってしまうと・・・

女性なのに、男性ホルモンが多くなってしまうと・・・

精子を作る、卵子を育てる、本来の働きをしにくくしていると思いませんか?

ホルモンのバランスを整えて健康な体作りを意識してみてはいかがでしょうか?

ホルモンバランスを整えるためにおすすめすることを次回お話させていただきます‼

 

 

症状について詳しくはこちら

不妊症 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加