なかなか着床に至らない…という場合

妊活を進める上で最初に意識して頂きたいのは
「夫婦仲良く過ごすこと」「生活習慣の見直し」といった
一見当たり前に感じることになります。

 

当院にお越しの方でその当たり前のことに気付いて下さった方々が
次に意識してくださっているのが
ちゃんと「着床」出来る体にしていく、ということです。

 

実は子宮がある「骨盤内の血流が悪い」と子宮に十分な栄養を届けることができず
その為に受精卵が着床しにくかったり
着床してもその後に流産しやすい、と言われているのです。
(血流を悪くする要因は様々で、喫煙はもちろん、冷えなども天敵です。)

 

骨盤内の血流が悪くなっている可能性も
骨盤の歪みであったり
内臓の働きが落ちて、下垂していたり
筋力がない、など様々です。

 

当院ではその骨盤内の状態を整え
スムーズに血液が流れるようにしていきます。
冷え性や、生理痛などの症状が改善された方も多くいらっしゃいます。

「着床」出来る体つくりを、是非当院で行っていきましょう!!

症状について詳しくはこちら

不妊症 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加