意識して加えてほしいものがあります!

私たちの体というのは、本当によくできていて…
食べたものから体の細胞内の「ミトコンドリア」がエネルギーを作り出しています。

ミトコンドリアは特に、卵子のように「エネルギーを作り出す臓器」に必要なのですが
その時に必要な酵素がないと「活性酸素」が発生し、それは逆に体に害を与えてしまいます。

 

酵素が足りずに「リン脂質」や「タンパク質」が酸化してしまうと
エネルギーが作り出せずにミトコンドリアも死んでしまいます。

 

そうなると、そもそものエネルギーを作り出す「ミトコンドリア」が減って
エネルギー不足という状況に…
こうして「卵子」が「老化」していくのです。。

 

その悪循環にならないようにするには
活性酸素を除去してくれるもの、「フィトケミカル」
(植物性抗酸化物質)を意識して取り入れると良いと言われています。

 

「ポリフェノール」「カロチノイド」「イオウ化合物」「テルペン類」
「βーグルカン」などがフィトケミカルと呼ばれるものです。

 

ポリフェノール 色のついた果物、野菜、(ブドウ、プルーン、トマト、ノニ)
カロチノイド 階層、寝野菜に含まれている緑黄色
イオウ化合物 にんにく、ネギの香り、大根や辛子の辛味
テルペン類 ハーブ類、柑橘系の香り、苦み
βーグルカン キノコ類、酵母

 

お料理をされる際に少し意識して加えてみてくださいね!!

 

症状について詳しくはこちら

不妊症 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加