腸内環境を整えていきましょう!

腸の主な働きは消化吸収と、病原菌から体を守る免疫機能です。
ヒトの腸(主に大腸)には100種類以上・約100兆個の腸内細菌(腸内フローラ)があり
腸内環境は善玉菌・悪玉菌・中間の菌(日和見菌)の3種類から構成され、
バランスをとることで、腸内の環境を保っています。

 

悪玉菌が増えるというのはこの中間菌が悪玉菌になってしまう状態のことで
原因に、偏食・運動不足・生活習慣の乱れ、便秘などがあり、
また、加齢に伴い腸自体の老化などもあります。

悪玉菌が増えると、栄養状態の悪化、免疫機能の低下、などが起こります。
そうなると便秘、下痢、ガスが溜まる、肌荒れ、口臭、体臭、
自律神経の不調などが現れます。

 

勿論、「不妊症」という状況も、良い卵子を作るための
状態が良くないために腸内環境が影響していると考えられます。

 

ではどうしたらいいのか、というと、
偏らず栄養バランスの良い食事・適度な運動・休息など生活習慣
を少し整える。
そうすると、腸内環境に良い影響となります。

 

加えて善玉菌を多く含む食材も取り入れていきましょう!!

食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖、グルタミンなどになりますが
手軽なのはやはり「お味噌汁」かもしれませんね!!

症状について詳しくはこちら

不妊症 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加