手作りヘンプ味噌づくり体験してきました!

  • 笑顔の波を伊丹から!えなみ整体院の佐々木です。

先日、スーパーフードとして注目される“ヘンプシード”で作る手作りヘンプ味噌づくり体験してきました!

午前の部、午後の部とあり、私は娘にも体験して欲しくて親子で午前の部に参加しました。

お味噌作りの前に、先ずはヘンプってなあに?という講義をヘンプシードマイスターの松田伸代先生にしていただきました✎

さすがヘンプシードマイスター、お肌がすべすべでした。

 

話は戻って、ヘンプ(麻)とは、アサ科の植物。生育が速く生命力のある一年草で、約3カ月で収穫することができ、約3mの高さまで成長します。

古代から3000年近くにわたり、人々の暮らしに根付いてきた作物で、食べる以外に繊維、紙、建材などにもなる天然資源です。

実(み)は、食品、印刷インク、食用油、化粧品など。

茎は、紙、建材、ロープ、糸など。

穂は、医療、神道儀式など。

葉は、医療肥料、飼料など。

根は、肥料、土壌改良など。

に使われています。

 

『ヘンプシードの特徴』

1.消化に優れた良質たんぱく質が豊富

2.体の様々な機能を担う生命の源となる栄養成分が豊富

3.脂質(オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸)は最高バランス

4.美容と健康につながる鉄、亜鉛、マグネシウムなどの必須ミネラルも豊富

5.腸内環境を整える食物繊維が豊富

など、身体によいこと尽くめなところがスーパーフードと注目を浴びている所以です。

ヘンプシードについて詳しくは→http://www.hempfoods.co.jp/html/page26.html

 

そして味噌づくり

工程は大豆で作る味噌とほとんど変わりなく、

ヘンプシードを煮る→潰したヘンプシードに米麹と塩(今回は最高級の天然塩)煮汁で混ぜる→団子状にする→容器に詰める→発行させる(約10カ月)

という感じです。10か月後が大変楽しみです!しかし、ヘンプシードの恩恵を受けるのに10カ月待てない私は、ヘンプシードをそのままサラダやおにぎりに振りかけたり、スープに入れたりして楽しんでいます。

たんぱく質やミネラル、良質の脂質など栄養に優れ、腸内環境にも良く、農薬なしで栽培出来るヘンプシードは一般の方にもおすすめですが、妊活されてる方にも最適な食材だと今回、講義と味噌づくりを体験して強く思いました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加