鉄分の多い食品

鉄分の多い食品とはどんなものがあるかご存じですか?

鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄に分けられます。

その違いは、含まれる食材と小腸での吸収率です。ヘム鉄は肉類や魚介類など動物性食品に含まれ、吸収率は10~20%とされます。非ヘム鉄は野菜や海藻など植物性食品に含まれ、吸収率は1~6%です。ヘム鉄の多い食材と非ヘム鉄の多い食材の主なものについて、以下でご紹介します。

ヘム鉄を含む食材(動物性食品)

豚レバー、牛レバー、鶏レバー、豚モモ肉、牛赤身肉、卵、かつお、いわし、さけ、まぐろ、あじ、赤貝、あさり、しじみ、かき、あなご、あゆ、煮干し、かつおぶしなど。

非ヘム鉄を含む食材(植物性食品)

パセリ、小松菜、ブロッコリー、ほうれん草、菜の花、キャベツ、納豆、枝豆、アマランス、ひじき、わかめ、海苔の佃煮、切り干し大根、きくらげ、いちご、バナナ、メロン、みかん、柿など。魚介類や野菜、果物には旬があります。

こういったものに多く含まれているので

めまいでお悩みの方、貧血などで悩まれているかた、一度試しにとるようにしてみてはいかがでしょうか!!

症状について詳しくはこちら

めまい

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加