鉄分ってなんで必要?

めまい、体の疲れやすさ等でお困りの方、鉄分は意識されたことはありますか?

 

鉄分とは

鉄分は体の中に3~4g存在して、主として赤血球をつくるのに必要な栄養素です。
どんな働きがあるかというと
体内の鉄は、その約70%が血液中の赤血球をつくっているヘモグロビンの成分です。

約25%は肝臓などに貯蔵されています。ヘモグロビンは、呼吸でとり込んだ酸素と結びつき、酸素を肺から体のすみずみまで運ぶという重要な働きをしています。

 

鉄分不足になると起こること

【軽度の鉄分不足が引き起こす症状】

・めまい
・動機
・疲れやすい
・冷え性

【中度の鉄分不足が引き起こす症状】

・免疫力が低下する
・生理不順
・排卵障害

鉄分が不足するとこんな病気になります
鉄分不足を放置しておくと様々な病気を引き起こします。

・鉄欠乏性貧血
・うつ病
・記憶障害
・免疫力低下に伴う疾患(がん、帯状疱疹、インフルエンザなど)

こういったことが起こることがあるので鉄分は必要になります。

体の疲れ、めまいなどがある方は鉄分が少なくなっていることもあるので意識してみてはいかがでしょう‼

次回、鉄分の多く含まれている食品をご紹介させていただこうと思います。

 

症状について詳しくはこちら

めまい

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加