当院のリウマチの患者さんで経過の良い方のお一人はこんなことをご自身でされています

えなみ整体院の佐々木です。リウマチでお困りの方の参考になればと思いシェアいたします。

西宮より、当院に令和元年8月の初めからお越しのリウマチの患者さんがKさんという方がおられます。4年前に整形外科でリウマチの診断を受けました。病院へはそれっきり行かずにこれからご紹介することを実践され、自力で体調を維持しておられます。

 

実践されている内容は、

自家製梅干し、自家製ぬか漬けをされていて、無農薬、無化学肥料の野菜、添加物の入っていない調味料、食品を選ぶ。白砂糖、粗悪油脂、乳製品、小麦は摂らない。

じゃがいも、トマトなどのナス科の物は控えめに(ぬか漬けは除く)

一日一食、その一食も腹八分目、よく噛み、和食中心感謝していただく。(船瀬俊介、甲田光雄先生著書参考)

質の良い睡眠のため、なるべく10時半までに就寝。

あいうべ体操と口テープを貼って寝ることで鼻呼吸を意識、ゆびのば体操、靴下を履く(福岡、みらいクリニック 今井一彰先生推薦の5本指ソックス)

丹田呼吸を意識する イライラしない よく笑う 何事にも感謝する 自分を大切にする

以上のことをゆる~く楽しく実行する。

と教えてくださいました。

 

ただ、これまで自力で頑張ってこられましたが、今年の3月から右ひじの張るような痛みと右手が自由に動かなく、家事がしづらい、体がだるく疲れやすい、首が回りにくいなどの症状が強まり当院へ来られました。

当院へは、ほぼ週に2回の施術を受けていただいて、右ひじの動きも少しずつ良くなり、調子のよいときは無意識に右手で買い物かごを下げていることもあるとのことです。自転車に乗るのも快適になったとも。

今は、リウマチの痛みで断念していた合気道再開を目標に頑張っておられます。

 

私がKさんを施術していて感じるのは施術直後の反応が非常に良いということ。その理由は推察すると、ご本人の施術に対する姿勢が前向きなこともありますが、食事や生活習慣に気を付けておられ、自己肯定感が高いことが関係していると思います。

添加物や農薬の少ない食材は内臓(体)に負担が少ないです。負担が少ない分、体の回復にエネルギーが回せます。なので、施術の効果も出やすいと考えています。

 

リウマチでお悩みの方は、Kさんが実践されていることを一つでも試してみてはいかがでしょうか?体が楽になるなら試してみる価値ありですよ!

 

Kさんの実践内容でわからないことがあれば、当院へお問い合わせいくださいね。

症状について詳しくはこちら

リウマチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加